収蔵品「西洋絵画」

こちらのページでは収蔵作品の中から「西洋絵画」の作品をご紹介いたします。

収蔵作品は作品保護のため通年展示されているわけではございません。

フィンセント=ファン=ゴッホ「洗濯をする農婦」

フィンセント=ファン=ゴッホ
Vincent Van Gogh洗濯をする農婦1885年

牧師の子として生まれたゴッホは、画商の店員、イギリスの学校教師、ベルギー ボリナージュ炭坑の伝道師を経て、1880年に画家を志した。1884年、31歳の彼はオランダ ヌエネンの両親の元に身を寄せ、農夫の絵を描くようになる。そして父が亡くなった1885年の暮れにオランダを離れてからは、2度と故郷に戻ることはなかった。この絵はゴッホのオランダ時代の作品であり、独学でドラクロワの色彩理論を学び、ミレーを模写した影響が顕著に表われている。

クロード・モネ=ゴッホ「睡蓮」

クロード・モネ
Claude Monet睡蓮1903-1919頃

1883年4月末、モネはパリから60㎞程離れたジヴェルニーに移り住んだ。1890年になるとそれまで借りていた土地と家を買い取り、すぐ近くを流れるリュ川から水をひいて念願の「水の庭園」を造成する。そして、そこに植えられた睡蓮の成長を待っていたかのように、1903年から頻繁に睡蓮を描くようになるのである。

クロード・モネ=ゴッホ「睡蓮」

パブロ・ピカソ
Pablo Ruiz Picassoテアトル1881-1973頃

ピカソ(1881‐1973)は、20世紀が生んだ最も独創的で多才な芸術家の一人です。始めは絵のモチーフとして舞台に関心を持っていましたが、1920年頃ロシアバレエ団の舞台装飾を手掛けたのをきっかけに、ピカソ自身が舞台の制作者になっていきました。
 『テアトル』は、ピカソが手がけた舞台の装置や衣裳デザイン、また演劇の絵画やドローイングなどをまとめた書籍『PICASSO THEATRE 1967』の表紙の原画です。

PAGE TOP