手島右卿記念室

※手島右卿記念室のご鑑賞は当日のご予約が必要です。また、光ミュージアムの入館料以外に、別途100円の入室料金が必要です。詳しくは下記の手島右卿記念室ご利用案内をご覧下さい。

手島右卿記念室
手島右卿記念室
手島右卿記念室
手島右卿記念室
手島右卿記念室

手島右卿記念室

昭和の三筆・現代書の先駆者

 

「昭和の三筆」と称えられる現代書の先駆者・手島右卿。現代書道を語る上では欠かすことのできない超俗孤高の巨匠です。
手島右卿は1901年11月3日、高知県安芸市に誕生しました。

川谷尚亭、比田井天来に師事し、中国や日本の古典を徹底的に追及すべく厳しい鍛錬を積み重ね、あらゆる臨学・書法を会得しましたが、右卿は満足しませんでした。

東洋の哲理に則りながら現代人の美意識をも触発する書を―。

長きに亘る試行錯誤の末、ついに「象書」(文字の内容に相応しい形の書を創作すること)という造形性豊かな新しい様式美を確立したのです。

そして、象書作品の代表作「崩壊」(1957年)「抱牛」(1955年)が世界で高い評価を得ました。

その後も右卿は独創的で耽美的な代表作を制作し続け、国内外の人々に感動を与え続けたのです。

1987年3月、書に全てを捧げた右卿は、極めて霊性の高い書「神」(1974年)「鶴舞」(1985年)「以虚入盈」(1987年)を創作して86年の生涯を閉じました。

右卿が残した数々の名作は今、深い緑に囲まれた飛騨高山にある光ミュージアムの一室に飾られています。

右卿記念室では手島右卿の書業を顕彰するべく、若き頃から晩年に至るまでの主な代表作、資料、愛用の品々を展示しております。

展示作品

作品名 西暦 和暦 年齢
山行 1948年 昭和23年 47歳
背山臨濤 1949年 昭和24年 48歳
酌己 1965年 昭和40年 64歳
緑化荒山 1961年 昭和36年 60歳
帰鳥 1951年 昭和26年 50歳
鶴舞 1985年 昭和60年 84歳
四時 1938年頃 昭和13年頃 37歳頃
夜半和風剉窓紙 不知是雪是梅 1952年頃 昭和27年頃 51歳頃
仙厓詩 1957年 昭和32年 56歳
現生不退 1961年 昭和36年 60歳
惜春 1982年 昭和57年 81歳
弾琴 1974年 昭和49年 73歳
1983年 昭和58年 82歳
早発白帝城 1969年頃 昭和44年頃 68歳頃
崩壊 1957年 昭和32年 56歳
賞心 1965年 昭和40年 64歳
看梅詩 1971年 昭和46年 70歳
1975年 昭和50年 74歳
1983年 昭和58年 82歳
吟月 1959年 昭和34年 58歳
巴珠 1986年 昭和61年 85歳
1987年 昭和62年 86歳
油彩画「晩秋」 1923年 大正12年 22歳
1981年頃 昭和56年頃 80歳頃
1970年 昭和45年 69歳
1980年 昭和55年 79歳
1971年 昭和46年 70歳
古木寒雅高士墨 水田白露右丞 1948年頃 昭和23年頃 47歳頃
木簡臨書 1971年 昭和46年 70歳
1987年 昭和62年 86歳
  • 手島右卿「龍虎」
    手島右卿「崩壊」昭和32年

     右卿は極めて長時間にわたって構想を練った。終戦間近の空襲のさ中、爆弾が落ちるのをみて、もののくずれてゆく、あのすさまじい迫力を、書に拠って表現できないものかと考えた。すさまじい破壊力、無残にくずれ落ちるコンクリートの建て物――言葉では言い表わすことのできない凄絶さに、くずれゆくものの美を感じたのだった。以来十数年間イメージをあたため、種々の試みの末ある時ふとできあがったのがこの作である。これはサンパウロ・ビエンナーレ展に書としては最初に出品されたのだが、その時の副審査長ペドローザ博士がこの作品を高く評価してくれた。漢字が読めない氏は「崩壊」という形から崩れゆくものの姿を感じ、その句が「崩壊」という文字であることに驚いていた。

     

    「崩壊」の主な出品歴

    1967年 日本橋三越「右卿書作展」
    1967年 米国「第2回日本芸術祭」
    1969年 欧州巡回展「右卿とその一門展」(ベルギー、英、仏、独、伊、スイス)
    1975年 パリ、ベルヌーム・ジュヌ画廊「右卿個展と一門展」
    1982年 米国セントポール美術館「手島右卿と一門展」
    1985年 北京革命歴史博物館「日本手島右卿書法展」
    1996年
    第40回現代書道二十人展併催特別展「回想・昭和の巨匠」
    2001年 上野の森美術館「手島右卿生誕100年展」
    2012年 独立書展(創立60周年展)
    2013年 国立新美術館「手島右卿と書芸術―その世界性」
  • 手島右卿「龍虎」
    手島右卿「現生不退」昭和36年作  屏風四曲一隻 91×80㎝(×4)

     書の伝統的な扁額の構成には、紙面に対して文字をやや上方に上げて書く形式がある。
    現生不退も下を空ける形式を巧みに応用して屏風仕立てにした作品である。このように伝統的な形式の上に立ちながら右卿は創意に富んだ世界を展開していった。

    この作品は文字の回りまで濃いニジミで包み囲んで「現」と「退」の字中にわずかに白を残している。こうした表現によって、この書をより幽遠で精神性の深い世界を醸し出している。更に墨に付け加えられた金箔片は、濃くした松煙墨の平版で沈んだ暗さを救って、光と厚みを与えている。

     

    「現生不退」の主な出品歴

    昭和36年 第5回現代書道二十人展
    昭和44年 ベルギー国主催「右卿とその一門展」
    昭和60年 中国・北京革命歴史博物館「日本手島右卿書法展」
    平成25年 国立新美術館「手島右卿の書芸術―その世界性」

その他

草稿、未表装作品、文房四宝

手島右卿記念室ご利用案内

手島右卿記念室のご利用には当日のご予約が必要です。

予約受付
鑑賞ご希望の場合は当日チケット売り場でお申し出下さいませ。
当日のご予約でご鑑賞できるようになりました。

※下記休室日はご鑑賞いただけません。(下記休室日以外でも展示替えやその他都合により、ご鑑賞いただけない場合がございます。)
○光ミュージアム休館日、6/20・21日は展示替えの為閉室。

入室料金
100円(光ミュージアム入館料金は別途必要です)

※料金は消費税込み。小学生未満は無料。

PAGE TOP