収蔵品「書」

こちらのページでは収蔵作品の中から「書」の作品をご紹介いたします。

収蔵作品は作品保護のため通年展示されているわけではございません。

後陽成天皇「宸翰御消息」

後陽成天皇宸翰御消息桃山~江戸初期(天正19年~元和3年)

桂離宮は、八条宮智仁親王が別荘として、京都西部の桂川西岸 桂の里に創立した。造営が始まったのは、元和2(1616)年あるいは元和6(1620)年頃と言われている。

智仁親王がその造営に竹林を用いることの是非を兄・後陽成天皇にたずねたところ、天皇は竹林について博識の鳥居大路に御下問になり、同人より桂の里に相応しい風情との奉答を受けた。本文書は天皇がそのことを智仁親王に伝えたもの。

「竹には里 可然之由 鳥居大路申候也」
			美景九烏(花押)
			式部卿宮 吟案下
後陽成天皇「宸翰御消息」

藤原定家藤原定家自筆書状平安末期~鎌倉初期

鎌倉時代前期の歌人で小倉百人一首を選定した人物と言われる藤原定家。これは定家が手紙を書き、受取人が質問に答えて行間に返事をしたため、定家のもとに送り返したものと考えられる。

伝・藤原行成「猿丸集断簡」

伝・藤原行成猿丸集断簡(重要美術品)平安中期

猿丸集切

これは、伝説上の人物である猿丸太夫の私家集『猿丸太夫集』の断簡で、「猿丸集切」と称される。料紙に淡藍の漉染紙と素紙との二種類あることが知られており、(どちらも金銀の揉み箔を散らしている)本断簡は後者にあたる。 筆跡は優秀で、古来から藤原行成(972~1027)と伝えられている。

人のいみしうあ多那りとの三
いひてこゝろ爾いれぬ介志支那
希れ八われも那爾可八能介ひ
支て有希れ者をむなのうらみて
者へる爾
まめ那れとな爾所者夜けてかる可や能み多
れてあれとあしけくもなし
高橋泥舟<「宝祚之隆天壌無窮」

高橋泥舟宝祚之隆天壌無窮幕末

江戸幕府の臣下・高橋泥舟は、槍術に秀で、講武所(砲術・槍術・剣術・弓術を習得させる為に設けた講習所)の教授となった。山岡鉄舟の義理の兄にあたり、鉄舟、勝海舟と共に幕末の三舟と称される。江戸城の無血開城に尽力した功績は大きく、明け渡し後は徳川慶喜を護衛したという。

明治になり、東京に隠棲して書家として暮らした泥舟。本作品は筆を力いっぱい紙に押し付けたまま引きずるようにして書かれている。 『宝祚之隆 天壌無窮』とは古事記・日本書紀の一節で、「天皇の御世の繁栄は天と地のように無窮のものなのです」との意である。

PAGE TOP