特別展「ドラゴンボールZの脚本家小山高生コレクション展」
~ジェームズ・ディーンから大谷翔平選手まで~平成30年6月16日(土)~9月18日(火)

休館日
毎週水曜日(8/15は開館)

 この度、光ミュージアムの開館20年を記念して「ドラゴンボールZの脚本家 小山高生コレクション展」を開催させていただく運びとなりました。

 脚本家・小山高生氏は、デビュー作「いなかっぺ大将」から世界的ヒット「ドラゴンボール」まで、アニメ史に常に元気玉を吹き込んでこられました。大阪芸術大学の教授も務める現在は、後進の育成にも熱が入り、講義の時間が一番楽しいと語っています。
 次々と仕事をこなす小山氏にとって、束の間の息抜きであり、また発想や活動力の源にもなったのが、この度公開するコレクション。ジェームズ・ディーンから、オードリー・ヘプバーン、ポール・マッカートニー、長嶋茂雄監督や大谷翔平選手にいたるまで、映画・音楽・スポーツ界のスーパースターたちの直筆サインやポートレート、ユニフォーム等のお宝です。

 

この夏、小山氏の古希を祝して開かれた本展覧会を通し、様々な世代の方に和やかなひと時をお過ごしいただければ幸いです。

PAGE TOP